大学案内
特色

建学の精神

日ノ本学園は、1893(明治26)年、「キリスト教精神をもって、社会に貢献できる人間を育成する」を建学の精神として創立されました。以来、聖書に由来する「心の飾りを」を校訓とし、「神を畏れ敬い、人を愛し、奉仕する人間の育成」を教育理念としています。

教育目標

幼児教育科

キリスト教的愛と奉仕の精神に満ち、幅広く深い教養・芸術的情操・道徳性において調和のとれた、社会的に有能な幼児教育に優れた人材の養成を目指しています。

保育コース
こころ豊かな人間性をもち、専門職としての知識と実践力を備えた保育者の育成を目指します。
ライフデザインコース
自らの人生に対するビジョンを持ち、価値がめまぐるしく変化する現代社会に貢献できる実践力を身につけることを目指します。

専攻科

短期大学幼児教育科の基盤の上に、精深な学識、研究能力及び高度な保育実践力を身につけた人材の養成を目指しています。

キリスト教教育について

日ノ本学園はキリスト教を建学の精神としている学校の集まりであるキリスト教学校教育同盟に加盟しています。

本学も加盟校として真の人間形成にはキリスト教によってなされなければならないという信念と確信に立って教育をする学校です。

これに基づき、新約聖書ペテロ第一の手紙3章からとられた「心の飾りを」を校訓としています。

これは、人間を本当に美しくするものは、外側につける服装、アクセサリーや化粧品の類ではなく、内面的な人柄、すなわち神への畏れによって養われた心であるということを教えています。この教えにもとづいて、本学では知的教育と共に、人格教育(心の教育)を大切にしています。

上記の目的をはたすために、
本学ではキリスト教精神にもとづいた
種々の活動プロクラムが計画・実施されています。

キリスト教についての授業科目
本学の教育理念は、キリスト教精神をその基盤としています。そのため、聖書についての学びに関わる「キリスト教学」と「キリスト教教育」の科目を履修するようになっています。これらの学びを通して、人間や現代社会についての理解を深め、私たちの生さ方を考えます。
チャペル
本学では、毎週、聖書にもとづいた話を聴くチャペルが行われており、学生は定められた時間にこれに出席することが義務づけられています。チャペルでは、本学の教職員、学生、また外から招いた講師が、キリスト教精神にもとづいた話をしています。毎週のチャペルは、聖書が私たちに語りかけていることに耳を傾け、人格的成長を目指す精神を身につけ心を養う機会となっています。
クリスマス
クリスマスは、主イエス・キリストの御降誕をお祝いする日であり、キリスト教主義学校においてはもっとも大切な行事です。本学では、毎年12月のクリスマスシーズンにはクリスマス点灯式やクリスマス特別礼拝を行っています。
その他の活動
豊かな学生生活が送れるように、宗教活動、ボランティア活動、地域貢献活動なども行っています。

取得資格

所定の科目を修めた場合、下記の資格を取得することができます。

幼児教育科

  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 保育士資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 情報処理士

専攻科

  • 幼稚園教諭一種免許状
社会福祉主事任用資格
福祉事務所の現業員(ケースワーカ一)として任用される者に要求される資格で、社会福祉施設職員等の資格基準などに準用されています。本学で厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者で法令で定め指定している32科目のうちいずれか3科目を履修していれば該当します。(本学で保育士資格の所定単位を修得すれば、取得できます。)
情報処理士
ビジネスの現場で必要とされる情報処理能力の証明となる資格。主催団体は全国大学実務教育協会。試験により資格認定を行う資格ではなく、大学・短大で全国大学実務教育協会が指定するビジネス・情報処理関連の科目を履修することで取得できます。

3つのポリシー

幼児教育科

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

本学の建学の精神や教育目標を理解し、明確な目的意識を持った次のような人を求めています。

  1. 本学の修学に必要な高等学校等における基礎的な学力を有している人
  2. 子どもに興味・関心があり、意欲的に学習に取り組める人
  3. 自らの人間性を磨き、相手の立場を理解しようとする人
  4. 身につけた知識や能力を活かして、社会に貢献しようとする人

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学の教育目標に沿った人材を育成するために、「基礎教養科目」と「専門科目」からなる教育課程を編成しています。

  1. 「基礎教養科目」は、幅広い教養と豊かな人間性を身につけるためのものです。
  2. 「専門科目」は、専門的知識・技術と実践力を修得するためのものです。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

下記の学習成果を獲得して所定の単位を修得した者に対して、卒業を認定し、「短期大学士(幼児教育)」の学位を授与します。

  1. 保育に関する専門的知識・技術を修得している。
  2. 教科学習及び実習を通じて実践力を修得している。
  3. キリスト教主義に基づく倫理観や愛と奉仕の精神を身につけている。
  4. 社会人として必要な幅広い視野や柔軟な思考力,またコミュニケーション能力や課題発見・解決能力を身につけている。

専攻科

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

専攻科での修学に必要な学力を有し、幼児教育に高い関心を持ち、主体的に学び続けることのできる人を求めています。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. より高度の専門的知識・技術及び実践力を修得するために「理論系科目」と「実践系科目」からなる教育課程を編成しています。
  2. 専門分野の研究能力を身につけるために「修了研究Ⅰ」及び「修了研究Ⅱ」を 必修科目として配置しています。

ディプロマポリシー(修了認定の方針)

下記の学習成果を獲得して所定の単位を修得した者に対して、専攻科の課程修了を認定します。

  1. より高度の幼児教育に関する専門的知識・技術及び実践力を修得している。
  2. 専門分野の研究能力を身につけている。
  3. 専攻科での学びを通じて高度のコミュニケーション能力及び課題発見・解決能力を身につけている。

学習成果

  1. 保育に関する専門的知識を修得する。
  2. 教科学習及び実習を通じて、専門的技術や実践力を修得する。
  3. キリスト教主義に基づく倫理観や愛と奉仕の精神を身につける。
  4. 社会人として必要な幅広い視野や柔軟な思考力、また、コミュニケーション能力や課題発見・解決能力を身につける。